Mat指導者資格コース

mat_course

BASIピラティスMat指導者資格コースは、マット→マシンの順番で資格取得が可能です。
Mat指導者資格コースは、全世界共通の内容で行っておりますが、日本では、授業の受け方が3つからお選びいただけます。
ご自身が一番学びやすい方法でご受講ください。

BASIピラティスだから選べる3つの学び方

通学コース

① 通学コース

リアルで学ぶ36時間
予習復習に必要な動画の
無料視聴可能
総時間36時間(テスト+課題)

総額¥450,000(税込み)

詳細はこちら

ハイブリッドコース

② ハイブリッドコース

オンライン+通学の良いとこどり
動画+24時間の通学授業


総額¥330,000(税込み)

詳細はこちら

オンラインコース

③ オンラインコース

自宅にいながら
ピラティス資格を取得
動画+24時間のライブ配信
(テスト+課題)

総額¥198,000(税込み)

詳細はこちら

資格取得のための3つの認定要件

Mat指導者資格取得のためには、下記3つの認定要件を、養成コース初日から1年以内に終わらせることが必要です。

【1】 全部の授業に出席すること
決められた日程(モジュール1~6まで)の授業をすべて出席する
【2】 課題を提出すること
1. 自己実践 100時間
2. レッスン見学(Observation)20時間
3. 指導練習(Teaching)30時間
【3】 最終試験に合格すること
1. 筆記試験
2. Movement試験
3. Teaching試験
※試験は70%以上で合格です。
※Movement試験・Teaching試験で再試験となった際は、講師からのフィードバックをもとに練習していただき、再試験は有料にて受験できます

コース内容

Mat指導者資格コースは3つの学び方(通い方)がございますが、内容は世界共通となっております。
BASIピラティスのマットコースは6つのモジュールから構成されており、1日1モジュール学びます。

日程 授業内容
1日目
モジュール1

【課題】
「自己実践」
をスタートしてください
【基本原理】
1. コンセプト
・ピラティスのコンセプト
・BASIピラティス10の法則
2. 骨盤について
・骨盤のニュートラルポジション及びニュートラルスパイン
・骨盤のニュートラルポジションを特定し、正しいアライメントを導く
・骨盤部に作用する筋肉群
3. 呼吸法
・呼吸パターン
・ピラティス式呼吸法
4. エクササイズの説明、分析、指導
・マッスルフォーカス
・目的
・キュー
・安定筋、始動筋、動筋
5. 歴史的な概要
6. マットワークレクチャーと実践
・初級エクササイズ14種類
2日目
モジュール2
【解剖学 パート1】
1. 解剖学の概要
・解剖学用語、解剖学的ポジション
・動作面、動作軸、可動域
2. 関節について
・関節の構造、種類
3. 重心
4. キューイングの実践
5. マットワークレクチャーと実践
・中級エクササイズ12種類
3日目
モジュール3
【解剖学 パート2】
1. 動画の解剖学的分析
2. 筋肉群
・筋肉の種類、骨格筋の構造、筋肉及び骨格系、筋肉の組織、筋肉の役割と強調、運動単位、筋力、筋肉収縮の種類など
3. BASIのブロックシステム
・考え方、クラスの組み立て方
4. マットワークレクチャーと実践
・中級エクササイズ11種類
・レッグウェイトを使ったレパートリー紹介
4日目
モジュール4

【課題】
「レッスン見学」
「指導練習」
をスタートしてください
【姿勢チェック】
1. 姿勢について
・アライメント、姿勢チェックの原則
・よくある悪い姿勢
2. 姿勢分析方とチェックツール
・役に立つ姿勢分析方
・チェックツールとしてのロールダウン
・姿勢分析実践
3. マットワークレクチャーと実践
・中・上級レベルエクササイズ10種類
4. 指導練習
5日目
モジュール5
【コアストレングス:背筋と腹筋】
1. コアストレングスとは
・背筋と腹筋について
2. 効果的なエクササイズ
・考え方と最終目標
・代償運動
3. 禁忌運動
4. 身体領域別の問題点
・椎間板の疾患
・脊椎の疾患
5. 成功者のための指導ガイドライン
・受講者の把握
・目標の設定と達成
・エクササイズの選択とクラスの構成
6. インストラクターとして
・インストラクターの立場
・流れのあるクラスづくり、ペーストリズム
7. マットワークレクチャーと実践
・上級レベルエクササイズ7種類
8. 指導練習
6日目
モジュール6
【エクササイズの応用編】
1. エクササイズの応用
・モディフィケーション
・アシスト
・進め方
2. プログラム
・プログラムの原則と構築
3. 補助具を使ったワーク紹介
4. マットワークのレクチャーと実践
・上級レベルエクササイズ6種類
5. 指導練習
6. まとめ

料金

Mat指導者資格コース受講の方

Mat指導者資格コースの学び方は3種類、それぞれで料金が異なります。ご自身に合った方法で習得ください。

① 通学コース 総額450,000円(税込)
② ハイブリットコース 総額330,000円(税込)
③ オンラインコース 総額198,000円(税込)

マットコースの3つの学び方

Mat指導者資格コース+Machine指導者資格コース(Comprehensive指導者資格コース)受講の方

Mat指導者資格コースをお申込み時にMachine指導者資格コースを同時にお申込みの際は、割引制度がございます。

【Machine指導者資格コースが下記料金で受講可能】
① 通学コース
Machine指導者資格コース/総額640,000円 → 割引後430,000円(税込)

② ハイブリットコース
Machine指導者資格コース/総額640,000円 → 割引後550,000円(税込)

③ オンラインコース
Machine指導者資格コース/総額640,000円 → 割引後620,000円(税込)

Comprehensiveコース内容

Mat指導者資格コース+Machine指導者基礎コース+Machine指導者資格コース受講の方

Mat指導者資格コースをお申込み時にMachine指導者基礎コース、Machine指導者資格コースを同時にお申込みの際は、割引制度がございます。

【Machine指導者資格コースからMachine指導者基礎コースの料金全額免除にて受講可能】
例)Mat指導者資格コース/ハイブリットコースを選択の場合

・Mat指導者資格コース(② ハイブリットコース)総額330,000円(税込)

・Machine指導者基礎コース(Reformer 2Days・Cadillac 2Days) 各82,500円 × 2 → 総額165,000円(税込)

・Machine指導者資格コース 総額640,000円 ー 165,000円 → 475,000円(税込)

課題について

BASIピラティスでは、養成コース卒業後、自信をもって指導を始めていただくために必要な課題を設けております。
授業で学んだことを自分の知識・技術とするために課題を行うことが非常に重要です。
課題をスムーズに行うためにzen placeスタジオ&ホストスタジオが最大限サポートを行っておりますので、ぜひご利用ください。

課題 時間数 方法
① 自己実践 100時間 養成コースで習った正しいMovementを練習します。
【方法】
1. ご自宅で実践
2. スタジオのレッスンを受講
3. ご自宅でLive streamingクラスを受講
② レッスン見学
(Observation)
20時間
(オンライン時間数は決められています)
1. スタジオのレッスンを見学
2. Live streamingクラスを見学
3. BASIアメリカ本部が配信している動画の視聴
③ 指導練習
(Teaching)
30時間 ピラティス未経験、または経験が少ない方に対して、1時間のクラスを組んで指導練習を行う(推奨人数3〜5人に対して合計で30時間)

最終試験

最終試験は下記3つを行います。70%以上で合格です。

1. 筆記試験
2. Movement試験
3. Teaching試験
※オンラインコースの場合は、全てオンラインで行います。

認定証の発行について

すべての授業に出席し、試験に合格したら課題を提出ください。
課題の提出をもって、アメリカ本部に認定証の発行依頼を行います。

お気軽に無料相談会にお越しください

本校では受講をご検討されている方々を対象とした無料相談会や体験授業を実施しています。ご検討されるうえで、疑問に思ったこと、不安に思うことなどがありましたらどんなことでもご相談ください。