レッスン風景
コンプリヘンシブ認定資格

グラデュエイトコース

グラデュエイトコースのプログラムでは、リフォーマー、キャデラック、ウンダチェア、ラダーバレル、F2スパインコレクター、F2アームチェア、ペッドアプル、マット、その他の補助器具を使った様々なレベルのクライアントを指導するためのスキルを深く学びます。

  • 取得できるスキル

    コンプリヘンシブ
    認定資格

    中上級マシン

  • 授業内容

    • マットレッスンの指導力
    • 初級~中級レベルのマシンエクササイズの知識の指導スキル
    • マシンコースプログラムの約50%のエクササイズの習得
  • こんな方にオススメ

    #ピラティスのスペシャリストを目指したい方
    #コンプリヘンシブを目指す方
    #様々なクライアントに対応できる指導者を目指したい方

Graduate Course

特徴

  • 01

    リフォーマー、キャデラック、ウンダチェア、ラダーバレル、F2スパインコレクター、F2アームチェア、ペッドアプルでの中級~上級レベルのエクササイズを徹底的に学ぶ

  • 02

    歩行サイクルや解剖学を学ぶピラティス指導練習。マットエクササイズや部位ごとの症状へのアプローチを強化。

  • 03

    ケーススタディを通じて、実践的な指導力を学ぶ。グループ指導やクライアントの症状別への理解を深め、指導スキルの向上を目指します。

資格取得の流れ

  • コンプリヘンシブ資格の取得も目指す方

    グラデュエイトコース受講

  • ブリッジプログラムで
    コンプリヘンシブ資格の取得も目指す方

    グラデュエイトコース受講

  • 資格取得の流れ

    1モジュールは1日6時間(マシン6時間)で構成されています。

    • 01

      マット認定資格取得 / ファンデーションコース終了

    • 02

      グラデュエイト(マシン)受講

      モジュール1~6(6時間×6日)

    • 03

      コンプリヘンシブ(マシン)認定試験

      • 筆記試験

        受験条件
        ・すべての授業に出席すること
        ・リサーチペーパーの提出

      • Evaluation (実技試験)

        受験条件
        ・課題の提出

    • 04

      コンプリヘンシブ認定資格取得

  • 資格取得の流れ

    1モジュールは1日6時間(マシン6時間)で構成されています。

    • 01

      ファンデーションコース終了

    • 02

      グラデュエイト(マシン)受講

      モジュール1~6(6時間×6日)

    • 03

      コンプリヘンシブ(マシン)認定試験

      • 筆記試験

        受験条件
        ・すべての授業に出席すること
        ・リサーチペーパーの提出

      • Evaluation (実技試験)

        受験条件
        ・課題の提出

    • 04

      コンプリヘンシブ認定資格取得

マット認定資格を取得するには、下記3つの認定要件を終わらせることが必要です。

  • 01

    全ての授業に出席すること

    決められた日程(モジュール1~6まで)の授業をすべて出席する

  • 02

    課題を提出すること

    1. 自己実践 200時間 ※ファンデーションコース[モジュール1]受講後スタート可
    2. レッスン見学 (オブザベーション) 80時間 ※ファンデーションコース[モジュール4]受講後スタート可
    3. 指導練習 (ティーチング) 170時間 ※ファンデーションコース[モジュール4]受講後スタート可

  • 03

    認定試験に合格すること

    1.筆記試験
    2.実技試験 (ムーブメント試験/ティーチング試験)

コースの内容

計36時間 (6時間×6日間)
グラデュエイトコースは、6つのモジュールから構成されており、1日1モジュール(マシン6時間) 学びます。
グラデュエイトコースを受講し、課題の提出と認定試験に合格することで、コンプリヘンシブ認定資格を取得することができます。

モジュール1 (1日目)

授業内容

【筋力の均衡と不均衡】
1.バランスの意味
・筋力不均衡と不均衡の原因・治療原則・治療目標
・筋肉、腱、靭帯
2.損傷の原因となる筋力と柔軟性における不均衡
3.機能的運動
・動作パターンと神経筋再教育
・正常な調整作用と代償運動の違い
・筋力検査と筋機能
4.ムーブメントとティーチングレパートリー
・リフォーマー中級・上級レベルのレクチャーと練習
・ワンダチェア中級・上級レベルのレクチャーと練習
・キャデラック中級・上級レベルのレクチャーと練習

モジュール2 (2日目)

授業内容

【下肢】
1.概念
・股関節の構造と機能、股関節に多い損傷
・膝関節の構造と機能、膝関節に多い損傷(急性と慢性)
・足首と足の複合部構造と機能
・足部に多いアライメント不良
・足首と足の複合部に多い損傷
2.歩行周期
3.ムーブメントとティーチングレパートリー
・リフォーマー上級レベルのレクチャーと練習
・ワンダチェア上級レベルのレクチャーと練習
・キャデラック上級レベルのレクチャーと練習

モジュール3 (3日目)

授業内容

【肩領域】
1.概念
・肩領域の構造と機能
・肩関節に作用する筋肉群
・正しい力学の重要性
・肩によくみられる機能障害と損傷
・肩に問題のある受講者に対応するリハビリテーションの検討とプロトコルの原則
2.考察
・ピラティスのレパートリーにおける肩領域
・境界と制限の認識
3.ムーブメントとティーチングレパートリー
・リフォーマー中級レベル

モジュール4 (4日目)

授業内容

【プログラム作成の原則】
1.概念
・トレーニングの原則(過負荷、特異性、SAID、可逆性)
・運動能力の構成要素(筋力、筋持久力、柔軟性、心血管持久力、身体組成、技能関連の運動能力)
2.考察
・レパートリーをレベル別に分ける
・幅広い受講者層に対応するために
3. ムーブメントとティーチングレパートリー
・リフォーマー上級レベルレクチャーと練習
・ワンダチェア上級レベルレクチャーと練習

モジュール5 (5日目)

授業内容

【特定集団への指導ーPart1】
1.概念
・特定の集団(スポーツ選手、ダンサー、体操選手など)
・週間的動作パターン
・クロストレーニングとと特異的トレーニング
・不均衡
・目標の設定
・スポーツ選手集団
2.考察
・指導の方法
3.ムーブメントとティーチングのレパートリー
・ラダーバレル中級・上級レベルのレクチャーと練習
・ステップバレル中級・上級レベルのレクチャーと練習

モジュール6 (6日目)

授業内容

【特定の集団への指導-Part2】
1.概念
・特定の集団(制限のある集団)
・妊娠期の受講者に対するガイドライン。禁止事項と調整事項
2.考察
・男性と女性の指導(それぞれ固有の特色とニーズ)
・体型
・目的・アプローチの相違
3.ムーブメントとティーチングのレパートリー
・マスターレベルのワークのレクチャー
4.まとめ
・「筆記試験」「Evaluation」について

課題

BASIピラティスでは、コース終了後、自信をもって指導を始めていただくために必要な課題を設けております。
授業で学んだことを自分の知識・技術とするために課題を行うことが非常に重要です。
課題をスムーズに行うために、zen placeスタジオが最大限サポートを行っておりますので、ぜひご利用ください。

認定試験

コンプリヘンシブ資格(マット+マシン) は、筆記試験とEvaluation(実技試験) を行います。
認定試験に合格することで、それぞれの資格を取得することができます。

料金

  • コンプリヘンシブ・ファンデーションコース

    550,000 (税込)

グラデュエイトコース

440,000 (税込)

【BASIマットコース受講済みの方限定】
割引キャンペーン

- 期間限定 2024年6月スタートコースまで -

※ファンデーションコースには、一部マットコースの内容が含まれておりますが、コンプリヘンシブ資格取得のための必須クラスです。

ファンデーションコース

450,000 (税込)

グラデュエイトコース

440,000 (税込)

190,000 (税込)

990,000 (税込)

640,000円 (税込)

※割引適用条件​

・BASIのマットピラティス資格コースを受講済みであること
・2024年6月までにファンデーションコースをスタートすること
・2024年12月までにグラデュエイトコースをスタートすること

スクール生特典

zen place スタジオ会員に割引き価格の月額11,000円で入会できます。
詳細はこちら

監修

BASI Pilates 創設者
Rael isacowitz​/ラエル・イサコヴィッツ

イスラエルのウィンゲート・インスティテュートで教育学士号と指導資格、イギリスのサリー大学で舞踊学修士号を取得。
40年以上にわたりピラティスを実践し、この分野のエキスパートとして国際的に認められており、1989年、総合的なピラティス教育機関、BASIピラティス(Body Arts and Science International)を設立。
第一世代の指導者数名を含む、ピラティス界の著名人と共に学び、指導した彼のピラティスへの貢献は全世界で認められている。

よくある質問

お問い合わせを多く頂くご質問を紹介しています。
不明点がございましたら、こちらをご確認ください。