Basi pilates養成コース開催レポート

【東京土日】2020年1月18日~BASI Pilates Mat 養成コース⑤⑥

2020-03-11
こんにちは!
養成コースのアシスタントをしている、中目黒スタジオSonokoです。
遂に、この土日で最終モジュールになってしまいました。
モジュール5,6を教えてくれるのは、アメリカと日本を行き来しているEnaです!
BASI Pilatesは世界規模の流派なので、世界各国にBASI Familyという仲間達がいます。
やはりお国柄なのか、国によっても少しレッスンの印象が変わるような感じがします。
日本の良いところは、やはり気配りのできるところ、後は正確性も日本は素晴らしいと思います。(日本人は器用だと言われるのもわかる気がします。)
海外は、日本人の良さとは違う良いところを持ち合わせている気がします。
イタリアはやはり陽気なイメージがありますが、ハードなエクササイズを指導する時もモチベーションを高めながら指導してくれるので気がつけば出来なかったエクササイズが出来ていたり!
日本は、慎重に正確に進んでいくところが良さだと思いますが、アメリカに学びに行くともっとアグレッシブにチャレンジしていくパワーがあるとバランスがとれるのかなと思ったりもします。海外の人達のパワーは本当にすごいです。チャレンジをするから進化していく事ができる。
出来ないと思ってチャレンジをしないでいる事が退化に繋がる。
そんな事に気付けたのも、BASI Pilatesで得た繋がりや機会のおかげです。
モジュール5,6(コース5,6日目)は、効果的なプログラムを作るポイントである負荷、強度、力学、筋肉の動員や禁忌運動、BASIの特徴でもある成功の為の指導ガイドラインなどを学びました。
エクササイズも、マットとの接地面積が少ないハードなものになってきました。
身体を通して自分と向き合わなければできないエクササイズです。
動きの癖を見つけて修正していくティーチング練習。
癖を見つけるスキルアップ
言葉を使って相手に伝えるコミュニケーション能力アップ
タクタイルといって、相手の身体を正しい方向に誘導するスキルアップ
自分でその動きを練習して身体に覚えこませるプラクティス。
ひとりではできない、みんながいるからできる。
みんなで助け合いながら一歩ずつ進んでいきます。
次に皆が集合するのはファイナル試験。
どうか、みんなが笑顔で集まれますように!

ワークショップ・カンファレンス開催情報

BASIピラティスでは、全世界で活躍するピラティスインストラクターを定期的に招待し、ワークショップを開催しています。また、BASIの講師だけではなく、他団体のトップ 講師やピラティス以外のボディワークの第一人者も招いたカンファレンスも開催しています。