受講前のよくある質問

Q.どんな方が受講されていますか?

様々な年齢層の方がいますが、30代後半以降の方が多く受講されています。最近では60代以降の方の参加も増えています。養成コースを始めたころは、フィットネストレーナーや、ダンサーの方が7.8割受講されていましたが、最近の傾向としては、OL主婦の方等スポーツ関連のお仕事をされていない方が5割~6割理学療法士・柔道整復師・セラピスト・ダンサー・振付師ヨガ・エアロビインストラクター等のフィットネストレーナーの方が4割~5割程度の傾向です。

Q.ピラティス経験もほとんどなく、フィットネス関連の仕事もしたことがありませんが、これからピラティス指導者として仕事をしていきたいと思います。アドバイスお願いします。

できるだけ早くピラティスレッスンの受講を始めてください。
ピラティスエクササイズやピラティス特有な指導法に慣れ始めることをお勧めします。ピラティス経験が少ない方は、マットコースを受講する際に、短時間分割コースを受講されるとゆっくりとしたペースで進み、復習の時間もとれますので一つ一つの理解を深めながら進めることができます。

ピラティス指導者として勤続する希望がある場合は、マット指導資格だけでは十分に需要を満たすことが難しいため、マシン指導資格を続けて受講することを強くお勧めします。

※養成コースお申込みの方には、BASIピラティススタジオや、関西のピラティススタイルを割引価格でで利用することが出来ます。

Q.BASI養成コース受講前にしておかなければならないことは何ですか?

BASIスタジオでできるだけ回数多くのグループレッスンやマシンレッスンを受け、BASIメッソッドの特徴を体感してください。BASIピラティスメソッドは動きの正確性を重視し、個人のニーズに合わせた指導ができるインストラクターを育成します。ただ動くこと、動き方を教えるのではなく、ピラティスエクササイズの目的を理解し、どうやって、なぜそのように動くかを指導できるようになるためには、ピラティスの深さを自分で理解することが必要です。
このプロセスも時間がかかりますから、養成コース開始前から始めることをお勧めいたします。

Q.BASI養成コース修了者はどのようなところに就職しますか?

運営会社である株式会社ぜんが運営するスタジオ(2015年現在:全国で75店舗)への就職のご案内もしております。正社員インストラクタ―として活躍を希望される方は、関東なら「BASIピラティススタジオ」へ。関西なら「ピラティススタイルへ」。フリーランスやピラティススタジオの受付スタッフとしてご活躍されたい方は、ピラティススタイルがございます。

ご興味ある方は人事担当へとお繋ぎ致しますので、お気軽にご相談くださいませ。

またスポーツクラブでのレッスン担当、カルチャースクールでのレッスン担当や公民館でレッスンを開始される方もいます。マシン養成コース終了後、個人でスタジオをオープンする方もいます。エクササイズインストラクター、ダンサー、振付師、パーソナルトレーナー、理学療法士、アスリートがキャリアアップを目指し、ピラティス指導資格を現職に役立たせる目的として参加される方も多数いらっしゃいます。

Q.インストラクタ―を目指してはいないのですが、受講は可能ですか?

もちろん可能です。
最近では、ピラティスインストラクタ―を目指す方と、ピラティスをもっと深く学び、自身の身体を理解したい、自分の為にもっと深く追求したいという方の受講も増えています。エクササイズの目的を理解する事、人の身体を理解することで、パフォーマンスはあがり、普段のレッスンの質は確実に上がります。

Q.ピラティスインストラクターの魅力はなんですか?

ピラティスメソッドは単なるエクササイズでは無く、その指導の中に精神と身体の結合を可能にするという特徴があります。これによりピラティスインストラクターは筋肉増強や柔軟性向上という身体的改善だけに留まらず、気持ちの落ち着き、ストレス解消、心身のコントロールの域まで提供することができるため、個人の生活の全面的改善に貢献することできます。ピラティスメソッドは、年齢や経験を問わず様々な人たちがその効果を得られるため、幅広い需要があります。高齢者、妊婦、リハビリ患者のような動きが制限される集団、そしてプロアスリート、活動的な趣味を持つ集団など、その個人のフィットネスレベルに適応させ指導することができます。また、ピラティス指導を通してピラティス実践が不可欠であるため、ピラティスをライフワークとして継続することとなり、ご自身の健康な生活の維持も確立されます。

Q.養成コースのスケジュールで、どうしても参加できない日程がある場合はどうすればいいですか?

基本的には全ての日程参加が原則です。もし、養成コース開始前に参加できない日程が分っている場合は、必ず開始前に講師に報告してください。参加できなかった分を、次回の養成コースで補っていただきます。緊急な理由により不参加となる場合にも、必ず報告をしていただき、次回で補うことが可能です。ただし、次回で補うことができるのは1日分のみです。事前に2日以上不参加が分っている場合は、その回の養成コースは見送り、次回参加をお勧めいたします。

Q.もし試験に合格できなかったら。。。。

筆記試験、実技試験共に再試験を受けることが可能です。再試験1回までは無料で受けられます。BASIピラティスは、しっかりと指導が出来る、エクササイズを理解している、人の体を見られるようになった方に合格点を与えています。ですので試験で落ちることもございます。試験に落ちた場合は、講師が適切なフィードバックを与えますので、そのフィードバックをもとに練習いただければ、皆さん、試験に合格されていますのでご安心ください。

再試験は講師により設定された日程、または講師との話し合いで決められた日程に受講してください。資格取得のためには、養成コース開始日から1年間の期間内に全ての試験に合格することが必要です。

Q.日本ではマットピラティスが主流ですが、マシン指導ができたほうが良い理由を教えて下さい。

ピラティスマシンは多種多様で、様々な体型、制限、症状、性別、年齢、フィットネスレベルに対応できます。またマシンで行えるエクササイズ数はマットエクササイズ数の5倍以上です。ピラティスマシンには、スプリング(ばね)やストラップ(ひも)がついており、それを活用することでアシストを得ながら、個人のニーズに合ったエクササイズを広範囲から選択することができます。マットエクササイズでは、コア(体の中心部)にフォーカスを置かれることが多いですが、マシンエクササイズでは四肢や細かな関節にまで行き届く動きを体感することができます。

Q.ゴルファーやテニスをされている方などアスリート向けにピラティスを教えたいと考えていますが、出来ますか?

BASIピラティスでは基本をしっかり学ぶので、土台が作られます。土台がしっかりしているので応用も聞きます。ピラティスエクササイズを理解し、クライアントの身体を見る力がつき、適切なエクササイズを選択できるようになれば、どのような方にも指導が出来るようになります。よりパフォーマンスを上げるためにもマシンコースまで受講することをお勧めいたします。

page top