卒業後について

卒業生は、国内だけで1000人以上。
資格習得から就職まで支援

BASIピラティスインストラクタ―養成コースを運営する株式会社ぜんは、BASIピラティスを一般の方に教えるスタジオ「BASIピラティス」を東京、横浜に17店舗。様々な流派のピラティスを教えてる「ピラティススタイル」を東京、神奈川、大阪、京都、兵庫に33店舗を運営しております。
(2015年7月現在)

正社員インストラクタ―として働きたい方は「BASIピラティス」へ
フリーランスインストラクタ―、ピラティススタジオで受付アルバイトをしたい方は、「ピラティススタイル」へ
就職支援も行っております。

採用応募は下記より

卒業後の継続教育

BASIピラティスは、コースを資格取得した後も、学び続けられる環境を重要視しています。

ポイント1

年間6回~10回程度、世界で活躍するピラティスインストラクタ―(海外講師)をお招きし、ワークショップやプライベートレッスン、ディスカッションなどの場を設けています。

→これはBASIピラティス卒業生の為だけの継続教育という目的だけでなく、他のピラティス 団体の方も歓迎し、新しい情報の提供と指導者のレベルアップを行う事で、ピラティスの本質を維持し、 伝え続けることを目標としています。

ポイント2

生きた情報を得てほしいので、更新資格制度は取らずに常に学べる環境を用意しております。

在校生・卒業生にお勧めのワークショップ一覧

困った時に相談できる環境、
実際の指導をいつでも体感できます

ピラティス専門スタジオを50店舗以上運営しているから、迷ったとき、困った時にすぐに相談できる環境があります。グループレッスン(少人数~30人程度の大人数)、マット、マシンを使用したプライベートレッスンを実際に見たり、体感する環境がいつでも用意されています。

また、特定の方(高齢者、マタニティ、ゴルフ、テニス、ランニング等を行う方のアスリート向け) などに向けた特別レッスンやワークショップなども、随時開講しているため、実際に養成コースで 学んだものを、クラスにするとどういった内容になるのか、クライアントさんの反応はどうなのか? なども学ぶことが出来ます。

スタジオ数、スタジオ会員さんが沢山いらっしゃることで可能な事が沢山ございます。

過去開催されたworkshopの一例

  • キューイングの魔法
  • 高齢者のためのピラティス
  • 妊娠中と産後のためのピラティス
  • 側湾症のためのピラティス
  • マジックサークル&フォームローラーの使用
  • マットレッスンの構成方法
  • ピラティス解剖学
  • ティーチングテクニック
  • 機能向上に必要な筋力と柔軟性
  • ピラティス実践に役立つ正しい生体力学の理解
  • 足と足首の正しいアラインメント
  • リフォーマー基礎講座
  • 男性向けピラティス
  • ピラティスによる股関節のほぐし方
  • ピラティス指導におけるエクササイズ分解方法
  • 肩関節とピラティス
  • タクタイルキューイング
  • キャデラック基礎講座

page top